yanya663

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://aomori.areablog.jp/yanya663

機械式とクオーツ式の違い

ロレックスエアキング時計には、昔ながらのゼンマイで動く「機械式」と、電池やソーラーで動く「クオーツ式」があります。前者は、伝統工芸品みたいなものですので高額ですが、時刻精度や耐衝撃性では劣ります。
有名なロレックスなど、とくに男性向けの何十万円〜百万円以上する腕時計の多くは、ゼンマイ式ですね。高額なものでも、一日数秒〜十数秒くらいは狂いますし、2〜3日ほうっておくとゼンマイが解けて止まります。
クオーツ式は、水晶に電圧をかけると一定周期で振動する性質を利用した時計で、1969年に、日本のセイコーが世界で初めて市販しました。大量生産できるので安価、かつ実用性能は高く、1000円くらいのものでも時刻精度は月差20秒くらいと、一日1秒も狂いません。
どちらのタイプの腕時計を選ぶかは、その需要にもよりますが、ただ時間だけをみる目的ならクオーツ式腕時計でも十分ですし、ロレックスエアキング時計が好きな人だと機械式の腕時計を求めてる人が多いようですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11699307c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41

秋到来です!今日は秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41チョコレートダイヤルを紹介したいです。

秋と言ったら食欲の秋!『味覚の王様松茸』や『柿』『栗』など、秋の食材には茶系のものが多いせいでしょうか?秋のカラーといったら茶色というイメージがありますが、そこで今回は秋のシーズンにピッタリのチョコレートダイアルのデイトジャスト41を発見したのでレビューしたいと思います。

デイトジャスト41、機械の自動巻で素材はエバーローズゴールドとステンレスです。カラーはチョコレート色でケースサイズは41mmの防水性が100mです。

デイトジャスト41のカラーバリエーションで個人的に一番好きな文字盤カラーです。落ち着いた色味のローズゴールドに渋いチョコレートダイアルの組み合わせはもう最高です。

20代前半の頃は、茶系のカラーにはまったく興味が湧かなかったのですが、年を重ねるとどうやら好みも変わるようです。今ではかなり好きなカラーとなりました。チョコレートダイアル(ブラウン系)のダイアルには色味が近いローズゴールドのコンビが一番合いますね。雰囲気抜群だと思いますが、いかがでしょうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11699306c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

カルティエってどんなブランドでしょうか

カルティエといえば、宝飾品のイメージがありますが、実は世界でみても腕時計の製造に関し永い歴史を持ったメゾンです。気品を感じさせる洗練されたデザインは自信と余裕を演出してくれます。
様々なブランドで溢れかえっているパイロットウォッチですが、なんと元祖はあのカルティエだと知ってましたか。そもそもカルティエってどんなブランドでしょう?
カルティエ腕時計はみなさまご存知の通り、フランスの高級ジュエリー・時計ブランドです。
顧客となったエドワード7世の言葉でもありますが、「Jewellerofkings,kingofjewellers」
訳すと「王の宝石商・宝石商の王」という言葉を頂いている、世界的に有名な名門ブランドです。
現在ではリシュモングループの傘下となり時計ではジャガー・ルクルトや、パネライ、さらにはヴァシュロン・コンスタンタンと同じ傘下になっています。時計はプロが使う計器として、何百年も前からつくられていたんです。と言うことは、わたくしたちが生まれる前から大活躍されてきました。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11694799c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パイロットウォッチの元祖はあのカルティエ

パイロットウォッチの元祖って実はカルティエのサントスが元祖なんですね。このサントス、生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗なんです。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが「アルベルト・サントス・デュモン」です。ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。
そんなサントスとルイ・カルティエは、もともと友達で「飛行中でも手を離さずに使用できる見やすい時計を作ってくれ」との依頼を受けて製作したのがサントスという腕時計でした。「アルベルト・サントス・デュモン」の名前をそのままモデル名として使用し名付けられました。
1900年代頭といえばまだオメガが女性用の腕時計にちゃちゃっとベルトをつけたものが出たくらいのころで、全く人気が出なかったそうです。カルティエも1880年頃にレディースのジュエリーウォッチを販売したことはありましたが、本格的な時計を作るのは初めてでした。
じゃあなんでカルティエは命に関わるようなパイロットウォッチの製作を受けたんでしょう?そこには以前より交友のあったエドモンド・ジャガー(ジャガー・ルクルト)がバックについていたんですね。それでスムーズに時計の製作が開始しました。超薄型キャリバーの大量生産に成功します。ということは・・・カルティエのムーブメントは全てジャガー・ルクルト製だったんですね。こうして世界初のパイロットウォッチが誕生しました。ちなみに現在、カルティエとジャガー・ルクルトは同じ傘下にあるブランドでもあります。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11694796c.html
カルティエ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一生ものの腕時計なら、どの腕時計を選びますか

グランドセイコーやオメガ、ロレックスの現物を見てきましたが、どれもすばらしい腕時計だと思います。高級腕時計は上を見たらきりがないほど奥深い物です。オーデマ・ピゲ、ブレゲなどスイスの時計は芸術です。

最近、一生ものの腕時計なら、ロレックスかグランドセイコーか、オメガ…どちらにしようかと悩んでみました。個人的には、ROLEXは「無難」であり「定番」であり「保守的」なイメージがあります。つまり、鞄や財布でいうルイ・ヴィトンみたいな地位でしょうか。ROLEXを選べば、時計通からは何も思われなけど、普通の人からは「時計の事を解っている」と捉えられるでしょう。

GSを選べば、普通の人からは何も思われないけど、時計通からは「時計の事を解っている」と捉えられるでしょう。

自分は、時計の本質を解らない人100人から「いい時計ですね。」と言われるより、時計の本質を解っている人1人に「いい時計ですね。」と言われた方が何倍も嬉しいです。ですから,自分で気に入った時計が「一生物」なのだと思います。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11689657c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

女性にお勧めのレディース時計3選!

女性がつけていたら思わずグッとくるレディース時計3選をお勧めしたいです。車と時計は男のロマンという言葉をよく聞きますが、レディースモデルでも高級時計は数多く存在し、実際に良い時計をつけている方はたくさんいます。そこで今回は、見たら思わずグッとくる時計3選をご紹介したいと思います。

まずはカルティエタンクフランセーズSMW51008Q3をお勧めします。カルティエは言わずと知れたフランスのジュエリー・高級時計ブランドのひとつで、有名なリシュモングループの傘下にあるブランドです。どちらかというと、ジュエリーのイメージが強いカルティエですが腕時計の種類もメンズ・レディースともに非常に多く、国内でもカルティエユーザーはかなり多いです。レディースモデルの中でも一番の人気を誇る『タンクシリーズ』です。街中でもタンクをつけている方をよく見かけますが、シンプルでオシャレなデザインがとても人気を得ていますね。

2番目のお勧めは、『シャネルJ12ホワイトシェル文字盤H2422』です。シャネルの腕時計のモデルの中で、一番の人気を誇る『J12』です。レディース、メンズともに種類も多く展開されているJ12はペアウォッチとしてつけている方も多いモデルです。J12の最大の特徴はセラミック素材を採用しいているところです。セラミック素材は傷がつきにくく、変色もあまりしませんし、何年経っても美しい光沢を保つ特徴があります。

最後にお勧めしたいのは、『ロレックスデイトジャスト28Ref.279171チョコレート文字盤』です。2016年発表モデルの、デイトジャスト28Ref.279171チョコレートダイアルですが、前モデルからの変更点はケース径が26mm→28mmへとサイズアップした点です、2mmのサイズアップは見た目の印象も変わり存在感が増しましたね。さらに、新型のデイトジャストはムーブメントもパワーアップしました。シリコン製のヘアスプリングを備えたキCal.2236を搭載し、精度はこれまでのクロノメーター規格の2倍以上を誇る日差-2〜+2秒で調整されました。パワーリザーブも48時間から55時間に延長されました。機能も抜群です

以上の素敵な腕時計を大切な人へのプレゼントにいかかですか?




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11689655c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今のオメガと昔のオメガ、あなたはどちらのオメガが好きですか?

これは悩む方が多いと思います。自分もかなり悩みますね。まあどちらかと言われれば自分は昔ですが、いわゆる値段ですよね。自分が新卒の頃に腕時計屋に行った時に必ず勧められるのがオメガスピードマスターでした。値段が手頃でデザインがカッコよくて新入社員の方は一体何人の方がこの腕時計を買わされたのだろうか?

しかし昨今のオメガの現行モデルは昔と比べると高額化がどんどん進んでいるような気がします。もう新卒サラリーマンにオメガスピードマスターなんかすすめられなくなってきていたりします。ロレックスと同じように、なんでこんな値段になってしまってるんだ!という感じがとてもする。だから昔がいいですね。

と言っても時代はどんどん動いています。という事で今のオメガを好きになる為の事をちょっと調べて行こうと思います。皆さんこの言葉を聞いたことがあるだろうか?コーアクシャルという言葉を。まずは帯磁性がすごいです!

昔はそんなのなかった・・・1894年にオメガはオメガというキャリバーを作ったが、当時ここまで電磁波が埋もれる社会になるとは想像しなかっただろう。そんな世知辛い現代社会においてオメガは「これはアカン」と思って無敵艦隊のキャリバーを作ろうとなったのがこのコーアクシャルです。

携帯電話で200ミリガウスくらいである。だからもう携帯電話を10台くらいもっても平気なわけです。因みにロレックスのミルガウスは1000ガウスなのでその凄さが伝わって頂けるんですね。だからシーマスターコーアクシャルなんて言ったら深い水深でも平気、電磁波も平気という最強時計です。さらに、この機械はオーバーホールの頻度が激減しました。約8年に1度でも問題ないとまで言われている優秀さを誇っています。

と考えると今のオメガの値段が高くなっているのは納得できます。こんなにいいキャリバーなのだからです。今のいいところと昔のいいところを融合させているオメガのモデルはまさに最強であります。

今は今でいいところがあるし、昔は昔でいいところがありますね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11689654c.html
オメガ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ムーンウォッチ」と呼ばれるオメガのスピードマスター・プロフェッショナル

日々、新しいパネライ時計が欲しいという欲求がおさまらない私です。手堅くロレックスにしておけと周りから言われますが、最近のロレックスの高騰ぶりについて行けずにゲンナリしております。ロレックス以外に、何か良い時計はないでしょうか?ロレックスが高騰しすぎた今、何を狙えばいいでしょうか?そのブランドはオメガです!
皆さんご存知の通りロレックスに引けをとらない知名度を誇るスイスの時計メーカーです。
パネライ腕時計を選ぶときに、何を重視するかは人それぞれだと思いますが、私は以下の項目を重視したいです。
オメガは1848年、スイスで創業して、1965年にNASAに公式採用されます。1969年7月、アポロ11号の宇宙飛行士 ニール・アームストロングとバズ・オルドリン博士が人類初の月面着陸に成功した際に着用していた腕時計が、オメガの「スピードマスター・プロフェッショナル」です。その時から、「ムーンウォッチ」と呼ばれる様になります。過酷な宇宙環境に耐える事が出来る時計を採用する為にいくつものブランドの腕時計でテストを行い、唯一そのテストをパスしたのがオメガのスピードマスターでした。
しかも、普通に市販されていた商品を用いてテストされたそうです。月面着陸を果たした腕時計を店頭で普通に購入出来たんですね!宇宙の過酷な環境下でも通用する性能を備えている腕時計が店頭販売されているとはカッコイイです。実力でもあります!
知名度ではオメガにも勝るロレックスですが、NASAに採用されたのは意外にもオメガでした。歴史もあって確かな実績もあります。スピードマスターを着けていれば宇宙規模の話が出来そうなスケールのデカイ話が出来そうな気がします!
腕時計は時を刻み、人生を共に歩む同士のようなものです。その同士に愛着を持ち、生い立ちや歴史を語る事に喜びを感じて欲しいです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11684577c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

この秋着こなしたい女子コーデと手元を彩る腕時計二種類

まだ秋とは言え、そんなには寒くないのでまだ夏服を着てる方も多いと思いますが、秋のコーデって悩みますよね。そこで夏服を秋らしく着こなせるコーデ+腕時計をご紹介したいと思います。上品に着こなすには手元のロレックス腕時計まで気を使うのがポイントです。
この春から夏にかけても大流行したドレープワイドパンツを秋も着ましょう。くすんだカラーのドレープワイドパンツでしたらより秋感がでますね。夏カラーのものでも大丈夫です。足元をサンダルからパンプスなどに変えるだけでも変化を楽しめます。そこに、パウダーピンクで秋らしさUP!のブルガリの腕時計いかがでしょうか。
ベルトがパウダーピンクのアリゲーターで、肌なじみが良いピンクのカラーストーンもアクセントになって手元を上品に彩ってくれますよ。まだ気温が高い秋はドレープワイドパンツで過ごして、手元はしっかり秋色に変化させるのは素敵だと思います。
もう一つ秋着こなしコーデをお勧めしたいです。今季人気爆発のタイトスカートは秋も引き続き人気を集めそうですね。特に夏に大流行したキャメルカラーのタイトスカートは秋カラーにもなりますのでそのまま使い回しましょう。秋感を出すには薄目のデニムジャケットを羽織れば完璧で、格好良いと思います。そこで、スッキリとした上品さが漂うCREDORGTAW031はいかがでしょうか。時計メーカーとして超有名なセイコーの技術を使って作られた女性用時計ブランドのCREDORから出ている「GTAW031」は秋から冬にかけてオススメしたい一品ですね。輝くプラチナカラーにキリッと締めるブラックカラーでスッキリとした印象になります。タイトスカートで女子感が出すぎるなと思っていらっしゃる方には特にオススメです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11680976c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

クォーツウオッチとはなんでしょう?

今の時代、普通の腕時計専売店といえば「クォーツウオッチ」、つまり電池式です。
なぜ「クォーツ」と呼ぶのでしょうか?ちなみに、クォーツウオッチが発売された頃の1970年初期から中頃まではクォーツウオッチの値札には「水晶腕時計」と大きな文字で入っていました。
「クォーツ」は”Quratz”と書きますが、日本語では「水晶」という意味です。よってクォーツウオッチには水晶が入ってます。でも、なんで水晶が入ってるんでしょうか?これは精度を上げる為だそうです。
クオーツウオッチの良さとして最大のポイントは時間精度が極めて高い点です。振動の周波数が、メカウオッチの「てんぷ」の約数千倍と高周波(32768Hz)である「水晶振動子」を時間基準としているため、日差数秒が限度のメカウオッチに対して、一般品のクオーツウオッチの時間精度は月差±20秒のレベルです。
また、クオーツウオッチは安定した電圧の電池類をエネルギー源として使用しているため、時間精度を始めとする諸機能が長期間安定して得られ、かつ電子部品を使用しているため故障率がメカウオッチに比べて低く、信頼性が高い点も特徴です
千円のロレックス腕時計や目覚ましまでが出る世の中になってしまって、クォーツ腕時計の価値も下がったものだと感じる次第ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000257381/p11680975c.html
時計 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ
yanya663

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 552
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード