wzmi202

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://aomori.areablog.jp/wzmi202

ロレックスの初めに自動巻き時計を設計した

防水の問題が解決された今、ちょうど1つの小さい残りの問題があった;すなわち、時計を巻くために所有者が王冠を毎日緩めなければならなかったこと。この2つの副作用があった;(1)遅かれ早かれ、所有者は再びしっかりと王冠を台無しにすることを忘れて、時計は、もはや気密密封されないだろう、と(2)防水シールやスレッドが消耗する時間で、同じ結果が生じる。これは、1931のロレックスによって解決されました,"永遠の"自己巻きムーブメントの導入と.

自己巻き時計のコンセプトは、最初に1770で導入されていた。長年にわたり、それは一般的に、ローターの自己巻き機構は、スイスの時計師アブラハム-ルイロレックスによって発明されたと考えられていたが、リチャーズ・Sartonによって明らかにされた情報は、それが、ローターの創傷時計を発明したベルギーのリエージュのヒューバート

しかし、ロレックスは独立して1775の終わりに、または1776の初めに自動巻き時計を設計した。巻線機構は、歩数計と同じ原理で働いていた,所有者が歩いたとして上下に移動した時計の内側に往復重量を使用して,歯車のセットを介してぜんまいを巻いた.作業、実用的なメカニズムを作成する最初の人だった。

パリスクロックと時計職人アブラハム-ルイブレゲは、彼の時計"perpetuelles"を呼び出して、彼自身のバージョンのメカニズムを改善;永遠のためのフランス語、そしておそらくその"永久"自動または自己巻きムーブメントのためのロレックスの名前のソース。最初の自己巻き腕時計は、ジョンハーという男の島からの時計修理によって1923で発明されました。彼は彼の金融後援者と英国の特許を取り出した,カッツからのハリー,7月に1923,と対応するスイスの特許1610月1923.ハーシステムは、運動の中心で旋回し、着用者が彼の手首や腕を移動し、ギアの列車を介してぜんまいを巻いたとして300度のアークを介して振った半円形の重量を使用していました。重量は着用者が感じることができる、その300度の旅行の終わりに春のバンパーに走ったので、これは"バンパー"のデザインと呼ばれていました。完全に巻かれた場合、ロレックス時計は12時間実行されます。これは、従来のステムワインダーを持っていなかったので、手は時計の顔の周りにベゼルを回転させて手動で移動した。

ロレックスの自動巻き時計会社を結成し、スイスの企業のシルトをベースムーブメントとして、アドルフシルトキャリバーcalを使用して時計を作るように依頼しました。時計は1928で発売された。彼らは、市場での暴走の成功ではなかっただけでいくつかの30000合計で行われた。しかし、特許の存在は、1923から誰もが同じようなまたは改良版を開発することができるので、進歩は本質的に腕時計がより多くの人気になっていた時に停止されたことを意味した。ハーの会社は大恐慌の間に1931で倒れ、パテントがまだあったが、他の会社が自身の版を開発して自由だった従ってそれを運動させる誰もなかった。

自動巻きの結果として、それはもはや手動で毎日時計を巻くために必要ではなかった、と王冠は時間を設定するためにもっぱら使用されていました。このように頻繁に行う必要はありませんでした,時計の精度のために,防水シールは時折邪魔され、そこに着用または王冠を台無しにすることを忘れてはるかに少ない可能性があった.その結果、ロレックスのオイスター・パーペチュアル・ウォッチは、正確なだけでなく、耐久性にも優れていました。時計を装着したままでぜんまいに巻きつけたテンションは、1日1回巻きで提供されるよりも、自動巻き時計の方が手巻きバージョンよりも正確だった。

別のマーケティングのクーデターでは、1935でロレックスオイスターは、彼がソルトレークフラッツで彼のレースカーで世界陸上スピードレコードを設定するように、サー·マルコム·キャンベルの手首に時速300マイル以上を行った。

ロレックスエアキングコピー専門店:http://www.keepgoing365.com/tokei/s2/








goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000255940/p11657473c.html
ロレックス | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
安いものにはわけがある!と言われるが、10000円以内で良い腕時計は探せますか?
秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41
ロレックス時計に浸透しているガスを可能にするヘリウムバルブを持っています
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
wzmi202

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 176
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード