仏像の基礎知識

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://aomori.areablog.jp/privresy

睡眠時間と睡眠効率との関係 

睡眠時間が6時間以下の人を短眠者、9時間以上の人を長眠者として分けておりますが、大部分の人はこの間に入っております。


この、睡眠時間の長短と睡眠の質とは直接関係はないと考えられており、長く眠るから良い睡眠、短い時間の睡眠りだから悪い睡眠とはいえません。


良い睡眠だと目覚め感が良く、こうした睡眠は、ノンレム睡眠においては十分に大脳の疲れをとり、レム睡眠では肉体の疲労をとることによって得られます。


睡眠の中途での目覚めは睡眠効率に影響します。この睡眠効率とは、床に入っている時間に対して実際に眠っている時間の割合のことです。この中途覚醒があると睡眠効率は悪くなります。


年をとると、一般に睡眠効率は悪くなる傾向がありますが、中途覚醒を起こす原因としては、生理的、心理的な内因と、睡眠環境による外因の2つがあります。


睡眠効率を良くするためにはこの2つの原因を取り除くことが大切になってきます。


入眠時の最初のノンレム睡眠に入ると、成長ホルモンが大量に分泌されます。このホルモンは細胞の成長と修復、そして、活性化に役立つとされています。


睡眠と強く関係しているホルモンには、プロラクチン、甲状腺ホルモン、メラトニンなどがあり、これらのホルモンは、睡眠中にも多く分泌されます。このように、睡眠中と言えども、体の機能は巧みに活動しているのです。


寝具の保湿性について


睡眠

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://aomori.areablog.jp/blog/1000075032/p11606903c.html
寝具 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

記事とても勉強になりました。
また見に来ますね

[ 札幌駅の美容室 アクセス・地図 ] 2017/06/01 11:30:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
仏像に関する解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 3851
コメント 0 4
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[世田谷・三軒茶屋] 温泉の効用
[新潟] ぐーたらワーキングマザー…
[旭川] カームのささやき
[青森 弘前] ボブですハム

おすすめリンク